自分の得手不得手を理解する

,

仕事ができる人というと、必要な能力を万遍なく持っていて何でもうまくこなしていける万能な人という印象があるかもしれません。しかし、看護師として仕事ができる人は、必ずしも万能な人であるとは限らないのです。
確かに何にでも秀でている人は仕事能力が高く、多くの人の期待を集めて仕事をうまくこなしていくでしょう。ところが、何でもできるという人でなくても仕事能力が高いと評価されるようになることはよくあるのです。
そのような看護師の特徴として、自分の得手不得手をよく理解しているという点が挙げられます。
病棟で患者とやり取りをするのは得意であっても、外来患者を相手にするのは苦手という人もいるでしょう。注射や点滴の仕事の速さには自信があっても、手術の仕事はあまり得意ではないという人もいます。
自分の得手不得手をよく理解し、周囲の同僚や上司に相談して得意とする仕事を自分に集めてしまい、逆に苦手な仕事は他の人に任せてしまうことができれば、多くの仕事をうまくこなしている看護師として見てもらえるようになるのです。
自分が得意な仕事をあえて抱え込んでこなしていくのは、それが苦手な看護師からすればとても嬉しいことになるでしょう。苦手意識のある人からは、特に仕事ができる人と理解されることになります。
賢明な仕事能力がある人は、こうすることで自分がしっかりと仕事をしているという印象を与えつつ、自分に適した仕事をうまくこなして職場に寄与しているのです。
看護師に限らず、仕事ができる人には様々な共通点があるものです。それを知り、自分にもできることからコツコツと試していけば、次第に職場で活躍できるようになるでしょう。
▼仕事ができる人の共通点⇒⇒⇒http://shigotodekatuyaku.com