書類の処理に着目して残業をなくす

,

看護師の職場では連日のようにして残業に追われることが多いものの、その中で際立って残業をしない人がいる職場もあります。いつも時間通りに帰っている姿を見ると、仕事ができる人という印象を受けることも多いでしょう。
大抵の職場では、看護師にそれぞれ割り振られている仕事の量には大差はありません。普段の仕事ぶりを見ていても、自分とそれほど違わないのになぜだろうと疑問に思う人も少なくないでしょう。
残業の有無を決めているのは看護の仕事そのものではないことがよくあり、その点を見逃していて違いに気付かないこともあります。
残業時間中に何をしているかと考えてみると、大抵の看護師は書類の処理と言うのが一般的です。
残業をせずに仕事ができる人という印象を受けている人の特徴として、書類の処理を後に回さないようにしている点は知っておくと良いでしょう。それを見習うだけで、残業を減らせる可能性があるからです。
確かに看護師として働いていると、日中は病棟や外来に行き来して忙しすぎるという状況に立たされてしまいがちでしょう。しかし、その合間を縫って少しずつ書類を書き上げていき、最後に残ってしまう書類を最小限にする努力をするだけで残業が減っていくのです。
想定外のことが多くて仕事が山積みなってしまったときは仕方がないとしても、特にトラブルもなく仕事が進められた日には定時に帰れるようになります。書類の処理に着目すると、残業は確実に減らせるのです。